英語学習

英会話が苦手な先生たち...変わりゆく日本の教育制度に、先生たちついていけるかな?

投稿日:

大学入試が変わる?

2020年から大学入試がガラッと変わる
英検やTOEFLの成績に応じて
英語の試験が免除になったりする

しかも昨年から
英検4級と5級もスピーキングの
2次試験が始まったから
「話す」能力が本気で問われる時代が来る

これ自体は喜ばしい事なんだけど
それを教える先生たちは
古い教育を受けてきたから
きっととまどうだろうなぁ

 

英語が話せない先生たち

小学校での英会話の授業が
本格的に始まったとき
「でも先生たちは全くしゃべれない!!」
ってことで、地元小学校からの依頼で
ゲストティーチャーをしてたことがある

授業の流れは先生が作るから
「サポートするだけで大丈夫です!!」
ってことで始めたけど...
結局、最初から最後まで全部私がやってたw
だって先生たちチンプンカンプンだから
そりゃそうだよね、英語の授業するために
小学校の先生になったわけじゃないし

でも、じゃあ私、学校の先生やめますぅ~
ってわけにもいかないでしょう

中高の英語の先生も、会話は苦手な
先生は結構多いと思う
これも仕方ないよね
「受験」用の英語で今までは良かったわけだし

 

日本の英語教育

日本人が6年も義務教育で英語勉強するのに
会話がなかなか得意にならないのは
確実に教育体制の問題だろうけど
そこにいくらテコ入れしても
先生たちがそれについていかないと
きっと難しいだろうねぇ
逆にそこをクリアできれば
日本の英語のレベルも
海外に負けないものになるんだろうけど

先生たちのレベルアップを
急にするのは難しいだろうから
当然、「塾」での対策が重要になってくる
まあここにも先生の問題はあるんだけど

私は、文法を中心とした
「受験英語」を教えるのが一番得意
なんでかっていうと
会話を教えて上達させるのって
週に1、2回の授業ではとても難しい

学校も塾も、英「会話」にもっと時間をかけないと
この難関をクリアしていくのは
けっこう大変なんじゃないかなぁ

中学校1年生以上のお子様をお持ちなら
英語の教育を、学校授業以外にも
受けさせることを考えたほうがいいかもしれません

そして、中学の早い段階から
英検対策をして
受けさせておきましょう

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTAKIKOをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
英会話講師TAKIKO

英会話講師TAKIKO

福岡出身在住。本業は情報発信のアドバイス。趣味で英会話講師してます。英語教えるの大好きなんですけど、「趣味」って言ってるのは収入が本業の半分以下だから、そして趣味でバンドのボーカルしてます。これも大好きなんですけど、
レベルまだまだだから、「趣味」。毎月どこかで歌ってます。美味しいお酒と食事が大好き。便利な日常の英語表現に合わせて、私の感じることもちょっと入れていきます(^^)

pick up

1

本当は英語が話せる   中学の文法ぐらいなんとか分かる そんな人は本当は英語が話せる     それなのになんで、英語で ...

-英語学習

Copyright© Eigoholic-楽しいと英語は簡単! , 2017 All Rights Reserved.