英会話(便利な表現) 英語学習 英会話講師 英文法

この春ご卒業された皆様へ...「高校を卒業しました」は、graduated high school なの?それとも graduated from high school?

更新日:

毎年春になると激増するこの英作文「卒業しました」

春ですね~~(#^.^#)
一気にあたたかくなりました。

 

福岡ではもう桜が満開で、
来週末に花見の予定の私は…今年は
花より酒を楽しむことに決めました(^O^)/

 

毎日色々な英会話の生徒さんとお話しますが、
とにかくこの時期は
高校を卒業しました
大学を卒業しました
このような会話が激増します。
おめでたいことですね~~~(*^^*)

 

 

私は高校を卒業しましたって、英語でどう言う?

私は高校を卒業しました。
I graduated from high school.

これが、「まんま」の言い方ですね。

卒業したのが大学であれば
I graduated from college.

 

では、この英文はどうでしょうか?
I graduated college.

…なんか、合ってそうですよねこの文章。

 

I graduated from college.
I graduated college.

どっちも正しい?
どちらかが間違い?
違う意味になっちゃう??

自動詞と他動詞を理解する

まず焦らさずに正解から申し上げますと、

私は大学を卒業しました。と言いたければ、
I graduated from college.
が正解です。

 

もっと厳密に言いますと、
I graduated college.
と言ってしまうと、
「私は大学を卒業させた」なんていう
とんでもない意味になってしまうんです。

 

ちなみに
Tokyo University graduated 2000 students this year.
東大は今年2000人の生徒を卒業させた。
この表現はOKです。

 

理由は、"graduate"という単語(動詞)が
「自動詞」でも「他動詞」でもあり、
・自動詞は目的語をとらず「卒業する」
・他動詞は目的語をとり「卒業させる」
という意味になるからなんです。

・・・
ちょっとめんどくさいかもしれないので
補足しますね。

 

他動詞とは

他動詞というのは、目的語をとる、
つまり、「主語が何かに影響を及ぼす」動詞です。
簡単に言うと、
「絶対に目的語がないとだめな動詞」です。

 

例を挙げますと、
I love you. あなたを愛しています。
 (目的語はyou)
I have a cat. 私は猫を飼っている。
 (目的語はa cat)

 

自動詞とは

自動詞というのは、目的語をとらない、
つまり、「自己完結できる」動詞です。

 

例を挙げますと、
I laughed a lot. 私は大いに笑った。
She can skip. 彼女はスキップできる。

 

ちょっと分かりづらい例は、
I need to talk to you. 私はあなたと話さなければ。
※これは、「あなた」のことを直接話すわけではなく、
 何かをあなた「に対して」話すので、
 talkの目的語(話す内容)はないということになります。
 こういう場合、自動詞の後ろには、to, with, from
 などの前置詞が来ています。

 

自動詞にも他動詞にもなる動詞もある

graduateはまさにこれですね。
ちなみにさっき自動詞で出てきた"skip"も
実はこのタイプです。

 

もともとは、
I graduated from college よりも
I was graduated from college. がフォーマルです。
これは、他動詞「卒業させる」の受身形なので、
他動詞的意味合いのほうが本来の形なのかもしれません。

 

自動詞と他動詞、両方の性質を持つ動詞の例を挙げますと、
I can skip. / I want to skip this part.
 私スキップできます。/ この部分を飛ばしたいです。
Let's start the lesson. / The party just started. 
 レッスンを始めましょう。/ パーティーは始まったばかりだ。
He runs a shop. / I run in the morning.
 
彼は店を経営している。/ 私は朝走ります。

 

ネイティブにとっても難しいかもしれない"graduated from"

本当は、graduatedか、graduated fromかは
調べればすぐにわかることなので
私が偉そうに書くまでのことはないのです。

 

実は、英語ネイティブの人たちも
この間違いを平気でやっちゃってる
という事実があるんですよ。

 

ネットで調べるとすぐにわかります。

 

I graduated college!
I graduated high school today!
こんな文章が溢れかえっています。

 

これって、嘆くべきことなのか、
時代の流れと受け止めるべきことなのかは
分かりませんが…

とにかく、彼らは間違った文章を平気で使ってます。

 

実際私がアメリカにいた時も、
I graduated college
は何度も耳にしたことがあり、
わざわざ辞書で使い方を確認したくらいです。

 

時代によって変わっていく言葉の意味や使い方

私がついつい使ってしまう日本語
「全然大丈夫ですよ~」

使ってませんか?
つい、使いますよね~(;・∀・)

 

言っちゃった後に、あ、と思いますが
幸いまだ怒られたことはありません(笑)

 

これ、言い訳になっちゃいますが、
「全然」って、明治時代とかには
「全体的に」のような意味があったようで、
必ずしも否定文で使う言葉ではなかったみたいです。

 

言語って奥が深いですね~~!

 

そんな風に考えていくと...
他人の言葉遣いの間違いをむやみやたらに指摘したり
若者の言葉遣いを嘆いたりする前に
まず自分の「言語」への知識を深めないと
ただの傲慢な人になっちゃうかもしれないなぁ

 

何はともあれ!!
この春ご卒業、ご入学、ご就職された皆様(^^)

本当におめでとうございます。

春は何かを始める季節❀
この春、特別な変化がなかった方も、
英語の勉強など始めてみてはいかがでしょうか?笑

 

タッキー
See you!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でTAKIKOをフォローしよう!

The following two tabs change content below.
英会話講師TAKIKO

英会話講師TAKIKO

福岡出身在住。本業は情報発信のアドバイス。趣味で英会話講師してます。英語教えるの大好きなんですけど、「趣味」って言ってるのは収入が本業の半分以下だから、そして趣味でバンドのボーカルしてます。これも大好きなんですけど、
レベルまだまだだから、「趣味」。毎月どこかで歌ってます。美味しいお酒と食事が大好き。便利な日常の英語表現に合わせて、私の感じることもちょっと入れていきます(^^)

pick up

1

Contents1 好きな時に好きなところで英会話レッスンを受けられる?!1.1 オンライン英会話講師1.2 英会話学習 ...

2

本当は英語が話せる   中学の文法ぐらいなんとか分かる そんな人は本当は英語が話せる     それなのになんで、英語で ...

-英会話(便利な表現), 英語学習, 英会話講師, 英文法

Copyright© Eigoholic-楽しいと英語は簡単! , 2021 All Rights Reserved.